彩夏のデイリーママBLOG

子育て中のママさんへ! ぜひご覧になってください!

オムツ代節約!オムツのメーカー使いこなし術!

2017年01月24日 16時11分

赤ちゃんの成長に合わせてオムツ使い分け♪

毎日、10枚くらい オムツ変えますよね。

おしっこがでて変えて、 うんちが出て変えて、 結構消費が早い! しかも、普通パックで一袋¥1000前後なので、 地味に結構かかるオムツ代・・・(-_-;) しかも、サイズが上がると、 同じ値段で、入っている枚数はグンと減ります!

だから、 色々なメーカーを使いこなして いかに安く使えるか実践してみた!

 

サイズ別、オムツの枚数


だいたいのメーカーの普通パックのオムツの 平均の枚数をサイズ別に比較♪ テープを使う時期は標準サイズで新生児~Mサイズくらいまで。

新生児用テープ 90枚前後 Sサイズ テープ 80枚前後 Mサイズ テープ 64枚前後 パンツタイプは標準サイズでM~LLサイズまで。 Mサイズパンツ 58枚前後 Lサイズパンツ 44枚前後 ワンサイズ上がるにつれて、 10枚程度枚数が少なくなります。

なので、 どのメーカーにしても、 小さいサイズをいかに長く使うかが 節約のポイント♪

オムツの大きさランキング


オムツのメーカーによって、 同じサイズ表記でも、大きさが違うんです!

オムツの主要メーカー5社を大きい順にランキング!
1位 メリーズ 2位 ゲンキ 3位 ムーニー 4位 グーン 5位 

パンパース 新生児用~LLサイズまでの間に、
各メーカーのサイズは変わったり、 細かく見ると、全長・最小周囲・最大周囲に 前後はあるものの、 ざっくりトータル的に見ると、 この中で一番小さい作りなのが、 「パンパース」「グーン」 一番大きい作りなのが、 「メリーズ」「ゲンキ」
 

小さいサイズを長く使うことが節約ポイント♪


私の使いこなし術は、 「パンパース」「メリーズ」の 二刀流で使い分けることに♪

パンパース新生児用 ↓ メリーズ新生児用 ↓
パンパースS ↓

メリーズS と、こんな風に、 小さいメーカーと大きいメーカーのオムツを 使うことで、
枚数多く金額も押さえて節約できるんです♪

幸い、うちの赤ちゃんは、 どのメーカーでもオムツかぶれを しなかったので、
この使いこなし術が実現できましたー! ぜひ、やってみてくださいね♪

さいごに


今回、標準パックの枚数で出してみたけど、
メーカーによっては、 ジャンボパックもあって、 更に枚数入っていて、金額もお得なセット もあるので、 ジャンボパックがあれば、サイズアウトしない限り そっちの方がお得ですよね~♪

ただ、赤ちゃんの成長ってけっこう早いので、 たくさん買い込んで使い切れず余った~! なんて声も聞くので、 ジャンボパックはサイズを切り替えたてに 買うことをおススメします♪